レンタル
atashaの『一期一会』な日々 新職さんやってくる
FC2ブログ

atashaの『一期一会』な日々
ヨルダン在住記です。 日本在住記はこちら http://ameblo.jp/atasha/

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

新職さんやってくる

 ディマがいなくなった職場に、さっそく新職さんがやってきた。イシャールを頭にまいているが、どう見てもアジア人に見える。聞いてみると、


 <フィリピン>の人やった~!!


 彼女の名前は<ライザ>。
朝から同僚たちに、うちと彼女がどんな会話をするんかと、興味深げに見守られる中話しかけると、どうもアラビア語が通じない。英語で会話をすることに。


 年末、ヨルダンに来たばっかりと言う。そりゃ、アラビア語が通じない。

 が、問題発生!!

 ヨルダンに長くいて、アラビア語ばっかり話していたために、英語がホント出てこない。頭で英語の文章を考えてから、話し出すが、彼女の会話の次、自分がしゃべろうとすると、どうしてもアラビア語が出てきてしまう。「あ~っ」と思い、いったん黙って、頭の中で英語の文章を作って、口に出す。脳内翻訳機が、アラビア語を仲介しなければ、先に進めないことになるなんて・・・。

 何て時間のかかる会話や。
あまりのボロボロ英語に、義務教育で英語をしてきたことも、イギリスで1年生活してたことも、全てが無かったことのよう・・・。頭の中も口先も、アラビア語が出しゃばって仕方が無い。バイリンガルの人って凄いなぁって思いつつ、自分が不器用すぎるのかもとちょっと不安になる。

 
 自分の英語があかんのは置いておいて、

彼女はこれから入所で、ヨルダンの女性たちと24時間ずっと過ごして仕事もせなあかん中で、アラビア語ができないのは大丈夫なのだろうかと心配になる。

 同僚たちと彼女が仲良くなるきっかけにと、ヨルダン人の大好きな『宗教のお話』を話題に挙げてみる。ライザはフィリピンのイスラム教徒である。

 なかなかおもしろい発見があった。例えば、

 イスラム教の中の大事な言葉は、フィリピンでもアラビア語だった。

 イスラム教では、1日5回のお祈りがあるんやけど、ヨルダンではラマダン時期を除いて、モスク(寺院)へ行ってお祈りするのは男性のみだ。でも、フィリピンでは、女性も毎日モスクに行くということ。

 
 ライザはみんなと会話しながら、アラビア語の単語を身につけていっている。英語のほとんどできない同僚たち相手ではあるが、英語で積極的に話しかけてるから、その積極性からみんなと上手くやってきけたらなぁと思った。

 にしても、アジア人同志っていうだけで、何となくホッとしたり、お互い居心地のよさを感じてしまうのは何でやろう・・・。
スポンサーサイト


  1. 2006/01/04(水) 01:23:08|
  2. 活動|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

  

コメント

海外に旅行して、我々日本人はアジア人の一人であることを認識することは良くあります。アジア人に会うとなんとなく同じ地域の仲間であるような気がします。日本はアジア系の人達と余り仲良く出来ていない現状を見るともっとアジア人の一員であることを認識する必要がありますね。世界から見ると、日本人も中国人も他のアジア諸国も余り違いが無いと思われています。我々が欧米人の違いが分かりにくいのと同じです。英語は東南アジア系の人は標準語で話が出来ますが、日本人にとっては難しい会話で困りますね
  1. 2006/01/04(水) 09:27:08 |
  2. URL |
  3. koji #-
  4. [ 編集]

>kojiさん

 彼女といろいろ話してみるんやけど、やっぱ文化とか違ってて、なかなか興味深い。英語は独特な発音で、イギリスとも違ってて、聞き取り難い。でも、いろんな国の人と話ができるんはおもしろいね。
  1. 2006/01/04(水) 21:48:04 |
  2. URL |
  3. atasha #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://atashayuki.blog35.fc2.com/tb.php/50-0299236c
 ∥HOME

  

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。