レンタル
atashaの『一期一会』な日々 JOCV20周年フェス初日 ペトラ編
FC2ブログ

atashaの『一期一会』な日々
ヨルダン在住記です。 日本在住記はこちら http://ameblo.jp/atasha/

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

JOCV20周年フェス初日 ペトラ編

 3月18日土曜日、ヨルダン国内巡回フェスティバルが始まった。
11月開催直前にアンマン連続テロの影響で、延期になり、その後、細かく打ち合わせを重ね、やっと実施できるようになった。

 しかし、どんなに打ち合わせを重ねても、トラブルは付き物である。
フェスティバル最初のトラブルは・・・


 <パテーションが大きすぎて、バスの荷台に積み込めない>

 パテーションは、座席通路に積み込まれ、荷物に挟まれながらの長旅となった。




 ペトラに到着。
そしてすぐ、次のトラブル発生。
 
 <会場前が一方通行で、バスが入れない>

 立ち往生がしばらく続くが、地元の人と話をして、逆だが、入ってもいいよということになり、解決。

 
 会場は、昔の遺跡を利用した建物で、とてもよい雰囲気だった。
こんなところで、イベントをさせてもらえるなんて、かなりありがたい。

 ばたばたを準備をしていて、写真を撮る間もなく開場時間がやってきた。
っと、そこで、またトラブル発生。
 
 <祝辞を行う地元有力者が、隣のモスクへお祈りに行ってしまって帰って来ない>

 うちらの持っているプログラム表には、モスクから1日5回流れるお祈りの合図≪アザーン≫の時間が記してあり、≪アザーン≫を考慮した流れになっている・・・のだが。

 時間を押してのスタート。
会場は、ふくれあがりそうなくらい多くの人が集まっていた。
前半は、ステージ開催。
 JICA紹介や、ご当地出し物、隊員の合唱がある。
ご当地出し物は、ペトラで活動する隊員の教え子たちが、日本の歌『ふるさと』を合唱。日本語で上手に歌っていて、感動。
もうひとつのご当地出し物は、柔道。ペトラ近くの村で活動する柔道隊員が、教え子を引き連れてのデモンストレーション。なかなかの迫力やった。
 そして、隊員の合唱。
映画「千と千尋の神隠し」の主題歌『いつもなんでも』を日本語で、あと、『うえを向いて歩こう』を国際協力ソングとして、日本語教師隊員とそのカウンターパートでアラビア語版、日本語版に替え歌をして歌った。


 後半は、ブース開催。
 日本紹介、活動紹介、広島紹介などのパネル展示コーナーや、お茶や折り紙、柔道、ギターなどお客さん参加型コーナーがある。

スタジオJAPAN受付


 うちは、浴衣を着付けて、写真を撮ろうという『スタジオJAPAN』を担当。宗教を考慮して、女性が安心して楽しめるようにと、女性隊員を中心に配置した。
 あまり新しいものに手を出さないヨルダン女性気質を日々の生活の中感じていたので、お客さんはあまり来ないかもと思い、写真の背景を日本の景色と合体させるなど、パソコンを使って、かなり手の込んだものを用意していたのだが、予想に反して多くの若いお客さんがきてくださった。その多くは、ペトラで活動する隊員の教え子たちであった。予想外の大盛況を有難いと思いつつも、パニック寸前の1時間だった。

 そうこうしてるうちに初日が終わった。


 後日、ペトラの隊員に話をきくと、
会場がモスクの隣であったため、丁度≪アザーン≫が響く街の中心ということで、会場に来れなかった街の人も、自宅でステージの様子を聞き取ることができたという。そのため、多くの人にフェスティバルを知ってもらえたから、よかったということだった。
スポンサーサイト


  1. 2006/03/27(月) 03:03:58|
  2. 日常|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

  

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://atashayuki.blog35.fc2.com/tb.php/87-a58ec754
 ∥HOME

  

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。